業績 2012年度

論文(原著、著書等)

  1. Hosokawa Y, Morisaki H, Nakatsuka I, Hashiguchi S, Miyakoshi K, Tanaka M, Yoshimura Y, Takeda J. Retrospective evaluation of intravenous fentanyl patient-controlled analgesia during labor. Journal of Anesthesia 26:219-224, 2012.
  2. Y. Kotake, T. Yamada, H. Nagata, J. Takeda, H. Shimizu. Descending aortic blood flow during aortic cross-clamp indicates postoperative splanchnic perfusion and gastrointestinal function in patients undergoing aortic reconstruction. Br J Anaesth 108:936-942,2012
  3. Takashige Yamada, Masato Tsutsui, Yoshihiro Sugo, Tetsufumi Sato, Toshimasa Akazawa, Nobukazu Sato, Koichi Yamashita, Hironori Ishihara, Junzo Takeda. Multicenter Study Verifying a Method of Noninvasive Continuous Cardiac Output Measurement Using Pulse Wave Transit Time: A Comparison with Intermittent Bolus Thermodilution Cardiac Output. Anesth Analg 115:82-86,2012
  4. Hironori Ishihara, Yoshihiro Sugo, Masato Tsutsui, Takashige Yamada, Tetsufumi Sato, Toshimasa Akazawa, Nobukazu Sato, Koichi Yamashita and Junzo Takeda. The ability of a new continuous cardiac output monitor to measure trends in cardiac output following implementation of a patient information calibration and an automated exclusion algorithm. J Clin Monit Comput. 26:465-71, 2012
  5. Takeuchi M, Takeuchi H, Fujisawa D, Miyajima K, Yoshimura K, Hashiguchi S, Ozawa S, Ando N, Shirahase J, Kitagawa Y, Mimura M. Incidence and risk factors of postoperative delirium in patients with esophageal cancer. Ann Surg Oncol 19(12) 3963-70, 2012
  6. 長田大雅、森﨑浩:人工呼吸の安全管理. 岡元和文編集. はじめての人工呼吸管理:29の疑問 中外医学社 東京 2012;p190-196
  7. 長田大雅、森﨑浩:人工呼吸管理に必要な呼吸生理の知識. 救急医学 36:189-192, 2012
  8. 石川明子、山田達也、森﨑浩、藍公明、森厚夫、志水秀行、森田雅教、壁井信之:硬膜外冷却カテーテル. Cardiovascular Anesthesia 16:137-143, 2012.
  9. 筒井雅人、山田高成、須郷義広、佐藤哲文、赤澤年正、佐藤暢一、山下幸一、石原弘規、風間富栄、武田純三: 脈波伝播時間を用いた非侵襲連続心拍出量値とCCO値の比較: 麻酔.61:1011-1017,2012
  10. 五十嵐 達、香取 信之: 「循環&呼吸管理と術前・術後ケア」ハートナーシング・呼吸器ケア2012年合同臨時増刊, 130-133
  11. 橋口さおり.「チームを起こす」.緩和医療の基本的知識と作法.門田和気ほか監修.メジカルビュー社 84-94 2012
  12. 橋口さおり.抗がん治療中止と終末期ケアをめぐるディスカッション.腫瘍内科 10(3)274-78,2012
  13. 橋口さおり.麻酔科的緩和医療 コンサルテーション型vs 主治医型 LiSA 19(8) 830-1 2012
  14. 橋口さおり.術後の麻酔の影響Q&A Expert Nurse 28(3) 86-7 2012
  15. 香取信之:虚血性心疾患における抗血小板療法 日本人におけるデータも含めた多面的な検討を Intensivist 4: 318-322, 2012.
  16. 香取信之:冠動脈ステントと抗血小板療法、周術期管理. 臨床麻酔 36(臨増): 315-320, 2012.
  17. 鈴木康生、香取信之:心筋梗塞・虚血.呼吸器ケア 合同臨時増刊 : 124-129, 2012.
  18. 坂口了太、武田純三: 麻酔科医からみた高齢者外科手術周術期管理の注意点. 臨床外科.第67巻第9号 2012

学会発表(海外)

  1. Mori K, Igarashi T, Morisaki H, Takeda J. Neutrophil gelatinase-associated lipocalin prevents gut bactyerial growth in septic mouse. Annual Meeting of Society of Critical Care Medicne February 4, 2012 Houston.
  2. Mori K, Igarashi T, Morisaki H, Takeda J. Endotoxin evokes up-regulation of neutrophil gelatinase-associated lipocalin in gut. Annual Meeting of Society of Critical Care Medicne February 4, 2012 Houston.
  3. Ai K, Ishikawa A, Yamada T, Mori A, Shimizu H, Yozu R, Takeda J. Clinical experience with a countercurrent closed-lumen epidural catheter for spinal cord cooling during thoracic and thoracoabdominal aneurysm repair. SCA 34th Annual Meeting 2012年4月28日-5月2日 Boston
  4. Suzuki Y, Nishijima A, Katori N; Takeda J. Cuirass negative pressure ventilation augments cardiac output after the Fontan operation. SCA 34th Annual Meeting 2012年4月28日-5月2日 Boston
  5. Sato Y, Saito I, Katori N, Takeda J. Continuous monitoring of tissue oxygen saturation in liver may reflect the effectiveness of pulmonary artery banding. SCA 34th Annual Meeting 2012年4月28日-5月2日 Boston
  6. Yuki Ohnishi-Kato, Koichi Tsuzaki, Masaya Nakamura, Saori Hashiguchi, Shizuko Kosugi, Manami Takano, Jyunzo Takeda. Corticosteroids intensify the risk of chronic pain after surgery for spinal cords tumors. 14th World Congress on Pain 2012 Aug. Milan, Italy
  7. Igarashi T, Mori K, Suzuki T, Morisaki H, Takeda J. Epidural anesthesia does not modulate lipocalin-2 up-regulation in infected surgical site. Annual Meeting of American Society of Anesthesiologists. October 13, 2012. Washington DC.
  8. Mori K, Morisaki H, Suzuki T, Igarashi T, Takeda J. Persistent hyperglycemia alters CD4+T-lymphocyte subsets in gut-associated lymphoid tissue. Annual Meeting of American Society of Anesthesiologists. October 13, 2012. Washington DC.
  9. Suhara T, Katori N, Hatori E, Morisaki H, Takeda J. Plasma fibrinogen concentration does not predict perioperative bleeding in surgical repair of adolescent idiopathic scoliosis. Annual Meeting of American Society of Anesthesiologists. October 13, 2012. Washington DC.
  10. Katori N, Innnami Y, Morisaki H, Takeda J. Increased prothrombotic property is associated with acute kidney injury after surgical repair of abdominal aortic aneurysm. Annual Meeting of American Society of Anesthesiologists. October 13, 2012. Washington DC.
  11. Kato J, Hayashi M, Yukutake Y and Yasui M. A General Anesthetic Propofol Inhibits Aquaporin-4 in the Presense of Zinc through Lipid Membrane Fluidization. Lipid-Protein Interactions in Membrane : Biophysical Society Meeting. Hyderabad, India. Nov. 2012. (Biochemical Journal Poster Award受賞)
  12. Nobuyuki Katori. ROTEM-guided Hemostasis Algorithm in Pediatric Cardiac Surgery. Asia-Pacific ROTEM meeting 2012.
  13. 2. Nobuyuki Katori, Yasushi Innami, Takashige Yamada, Katsuya Mori, Hiroshi Morisaki, Junzo Takeda. Increased prothrombotic property is associated with acute kidney injury after surgical repair of abdominal aortic aneurysm. Annual meeting of the American Society of Anesthesiologists 2012.

学会発表(国内)

  1. 長塚行雄、長田大雅、鈴木由貴、増田祐也、齋藤郁恵、森﨑浩、武田純三:敗血症性ショックにおける少量ステロイド投与の検討.  第39回日本集中治療医学会学術集会 2012年 2月28日〜3月1日 幕張
  2. 林田賢史、羽鳥文麿、森﨑浩、福家伸夫、橋本悟、西田博、田中啓治、志馬伸朗、遠藤重厚、池田寿昭:社会保険対策委員会報告DPC/PDPSにおける集中治療の診療報酬と原価(コスト)第39回日本集中治療医学会学術集会 2012年 2月28日〜3月1日 幕張
  3. 長田大雅、小竹良文、寿原朋宏、増田清夏、御園生与志、櫻井裕教、山田高成、森﨑浩、武田純三:大都市圏の大学病院におけるmultidisciplinary ICUの利用に関する解析.  第39回日本集中治療医学会学術集会 2012年 2月28日〜3月1日 幕張
  4. 櫻井裕教、長田大雅、山田高成、中村教人、上田朝美、若泉謙太、鈴木康生、西島亜弥、森﨑浩、武田純三:慶應義塾大学病院一般病棟における人工呼吸管理の特徴.  第39回日本集中治療医学会学術集会 2012年 2月28日〜3月1日 幕張
  5. 山田高成、小竹良文、長田大雅、櫻井裕教、中村教人、印南靖志、寿原朋宏、若泉謙太、羽鳥英樹、森﨑浩、武田純三:心臓手術術後患者における乳酸濃度と混合静脈血酸素飽和度の関係. 第39回日本集中治療医学会学術集会 2012年 2月28日〜3月1日 幕張
  6. 植松明美、長田大雅、神藤篤史、関根一人、冨永拓、櫻井裕教、山田高成、森﨑浩、武田純三:小児手術患者におけるMasimo Rainbow SET Radical 7の有用性. 第39回日本集中治療医学会学術集会 2012年 2月28日〜3月1日 幕張
  7. 印南靖志、長田大雅、山田高成、香取信之、森崎浩、武田 純三:腹部大動脈瘤手術におけるADAMTS13活性の変化と術後急性腎障害への関与. 日本麻酔科学会第59回学術集会 2012年6月7日-9日 神戸
  8. 上田 朝美, 福永 興壱, 宮田 純, 浅野 浩一郎, 別役 智子, 武田 純三: 抗炎症性脂質メディエーター リポキシンA4のマウス敗血症モデルにおける有用性の検討. 日本麻酔科学会第59回学術集会 2012年6月7日-9日 神戸
  9. 御園生 与志, 木村 聡一郎, 齋藤 桂介, 舘田 一博, 武田 純三, 山口 惠三: 高濃度酸素化Acinetobacterマウス肺炎モデルを用いた抗酸化作用による治療効果. 日本麻酔科学会第59回学術集会 2012年6月7日-9日 神戸
  10. 福田 陽子, 安達 昌子, 長塚 行雄, 若泉 謙太, 橋口 さおり, 武田 純三: 癌性疼痛患者が有する疼痛以外の身体・精神症状に関する調査. 日本麻酔科学会第59回学術集会 2012年6月7日-9日 神戸
  11. 羽鳥 英樹, 石川 紗希, 加藤 純悟, 山田 高成, 武田 純三: 小腸移植の術中管理. 日本麻酔科学会第59回学術集会 2012年6月7日-9日 神戸
  12. 加藤 純悟, 安井 正人, 武田 純三: プロポフォールと亜鉛による脳内水チャネルアクアポリン4阻害作用の解明. 日本麻酔科学会第59回学術集会 2012年6月7日-9日 神戸
  13. 南嶋 しづか, 木田 康太郎, 徳田 賢太郎, 小杉 志都子, 武田 純三, 市瀬 史: 吸入一酸化窒素は心停止・心肺蘇生後マウスの予後を改善する. 日本麻酔科学会第59回学術集会 2012年6月7日-9日 神戸
  14. 橋口さおり、白波瀬丈一郎、朴 順禮、茶園美香、津崎晃一、武田純三: 医学生が求める緩和ケア教育とは何か. 第17回日本緩和医療学会学術大会 2012年6月22日-23日 神戸
  15. 安達昌子、福田陽子、竹内麻里、金子 健、田中康代、須山郁子、木村理恵子、朴 順禮、橋口さおり、白波瀬丈一郎、武田純三:血液疾患患者に対する当院緩和ケアチームの支援内容についての検討. 第17回日本緩和医療学会学術大会 2012年6月22日-23日 神戸
  16. 福田陽子、安達昌子、竹内麻里、金子 健、坂田昌美、田中康代、木村理恵子、須山郁子、朴 順禮、橋口さおり、武田純三: リファンピシン併用によりオキシコドンの効果が著しく減弱した症例. 第17回日本緩和医療学会学術大会 2012年6月22日-23日 神戸
  17. 若泉謙太、福田陽子、長塚行雄、橋口さおり、武田純三.術前オピオイド使用患者は術後早期に少なくとも術前と同等量のオピオイドを必要とする.日本ペインクリニック学会第46回大会 2012 7月 松江
  18. 安達昌子、福田陽子、橋口さおり、武田純三.当院緩和ケアチーム依頼症例における静脈内PCA使用状況についての調査研究.日本ペインクリニック学会第46回大会 2012 7月 松江
  19. 長塚行雄、福田陽子、若泉謙太、大西 幸、小杉志都子、橋口さおり、津崎晃一、武田純三.Opioid Induced Hyperalgesia(OIH)が疑われた小児がん疼痛患者の1症例.日本ペインクリニック学会第46回大会 2012 7月 松江
  20. 加藤純悟、林真理子、行武良哲、安井正人. 全身麻酔薬プロポフォールによる亜鉛のアクアポリン4阻害増強機構の解明. 第126回日本薬理学会関東部会. 東京. 2012年7月. (Young Investigator Award受賞)
  21. 上田朝美、山田高成、長田大雅、櫻井裕教、山田高成、西島亜弥、寿原朋宏、神藤篤史、簑島梨恵、森崎浩、武田純三:中心静脈カテーテル感染による内頚静脈血栓症から肺塞栓症をきたし、両側内頚静脈狭窄により正常圧水頭症を疑われた1例.  第21回日本集中治療医学会関東甲信越地方会学術集会 2012 8月25日 前橋
  22. 冨永拓、長田大雅、簑島梨恵、神藤篤史、寿原朋宏、櫻井裕教、山田高成、森崎浩、武田純三:重症肺炎に対し腹臥位療法及び肺内パーカッションベンチレーターを用いて治療した1例.  第21回日本集中治療医学会関東甲信越地方会学術集会 2012年 8月25日 前橋
  23. 山田達也、坂口了太、羽鳥英樹、中村教人、又吉徹、岡本一真、工藤樹彦、四津良平:もやもや病合併患者の僧帽弁形成術の周術期管理. 第21回日本集中治療医学会関東甲信越地方会学術集会 2012年 8月25日 前橋
  24. 古本 恭子, 簑島 梨恵, 村瀬 玲子, 山田 高成, 中塚 逸央, 武田 純三:抜管後アナフィラキシーショックに陥りスガマデクスアレルギーが疑われた一例. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部 第52回合同学術集会 2012年9月22日 軽井沢
  25. 出野智史、關根一人、山田高成、羽鳥英樹、森崎浩、武田純三:大量出血を伴った脳外科手術後に洞不全症候群をきたした一症例. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部 第52回合同学術集会 2012 9月22日 軽井沢
  26. 鈴木 悠太, 羽鳥 英樹, 神藤 篤史, 星野 麗子, 山田 達也, 武田 純三: パークベンチ位の脳外科手術後に遅発性の上気道狭窄を来し、緊急気管切開を要した一例. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部 第52回合同学術集会 2012年9月22日 軽井沢
  27. 寺本華菜、三輪桜子、富永拓、印南靖志、森崎浩、武田純三:麻酔覚醒後のシバリングを契機として肺水腫を発症した一例. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部 第52回合同学術集会 2012年9月22日 軽井沢
  28. 伊東 真吾, 長塚 行雄, 山田 高成, 羽鳥 英樹, 香取 信之, 武田 純三:消化管穿孔を伴う腹部外傷による大量出血のダメージコントロール手術に際し回収式自己血輸血を併用した1例. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部 第52回合同学術集会 2012年9月22日 軽井沢
  29. 林 浩正, 重城 聡, 西島 亜弥, 櫻井 裕教, 橋口 さおり, 武田 純三: 先天性脊柱側彎症に対する後方固定術術中に気管支攣縮を来たした一例. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部 第52回合同学術集会 2012年9月22日 軽井沢
  30. 窪田 あやか, 飯土井 聖美, 荒木 奈帆, 中村 教人, 津崎 晃一, 武田 純三: 小児環軸回旋位固定術において麻酔導入時に脊髄機能モニタリングとしてMEPモニタが有用であった一例. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部 第52回合同学術集会 2012年9月22日 軽井沢
  31. 出野智史、山田達也、羽鳥英樹、武田純三: 重度大動脈弁狭窄症患者に対する腹臥位手術の麻酔経験. 日本心臓血管麻酔学会第17回学術大会 2012年9月15日―16日 仙台
  32. 坂口了太、山田達也、香取信之、武田純三:  僧帽弁逆流の残存と低心拍出量症候群により術中麻酔管理に苦慮した左室形成術の一例. 日本心臓血管麻酔学会第17回学術大会 2012年9月15日―16日 仙台
  33. 宮田知恵子、辻 哲也、安達昌子、福田陽子、竹内麻理、坂田昌美、須山郁子、木村理恵子、田中康代、朴 順禮、金子 健、白波瀬丈一郎、橋口さおり、里宇明元、武田純三.リハビリテーション医としての当院緩和ケアチームでの活動報告.第50回日本癌治療学会学術総会 2012 10月 横浜
  34. 橋口さおり.麻酔科医が緩和ケアチームを率いる心得.ランチョンセミナー 日本臨床麻酔学会第32回大会 2012 11 福島
  35. 石川紗希、山田達也、羽鳥英樹:もやもや病患者における僧帽弁形成術の麻酔経験. 第32回日本臨床麻酔学会学術集会 2012 11 郡山
  36. 荒木奈帆、小杉志都子、大西幸、津崎晃一、武田純三、森﨑浩:胸部硬膜外ブロック施行数日後に周期性四肢麻痺による下肢筋力低下を認めた一症例. 第27回日本ペインクリニック学会東京・南関東地方会 2012年12月8日 東京
  37. 香取信之:リフレッシャーコース「血液凝固 Point-of-Careモニタリング」 第59回日本麻酔科学会学術集会 2012年6月7日〜9日
  38. 香取信之:シンポジウム「人工心肺離脱後の血液凝固とプロタミン」第17回日本心臓血管麻酔学会総会 2012
  39. 香取信之:シンポジウム「ROTEMによって変化した欧米の血液凝固管理」日本臨床モニター学会 2012

↑PAGE TOP

慶應義塾大学医学部 麻酔学教室(直通)TEL : 03-5363-3107(内線61608)