業績 2013年度

論文(原著、著書等)

  1. Miyakoshi K, Tanaka M, Morisaki H, Kim SH, Hosokawa Y, Matsumoto T, Minegishi K, Yoshimura. Perinatal outcomes: intravenous patient-controlled fentanyl versus no analgesia in labor. Journal of Obstetrics and Gynecology Research 39:783-9, 2013.
  2. Saito K, Morisaki H. Percutaneous dilatational tracheostomy: Collaboratie team approach for safe airway management. J Anesth 2013;27:161-165.
  3. Takeda J, Namiki A, Ozaki M, Fukuda K, Morita K, Kanmura Y, Yamakage M, Komatsu T, Inada E, Kawate R, Kanazawa M, Sakamoto A, Uezono S, Sato S, Nishiwaki K, Miyamoto Y, Nakatsuka H, Yasuda N; Baxter BLM-240 Study Team: A prospective randomized multicenter comparative study of BLM-240 (desflurane) versus sevoflurane in Japanese patients. J Anesth. 2013; 27(3):468-471
  4. Miyajima K, Fujisawa D, Hashiguchi S, Shirahase J, Mimura M, Kashima H, Takeda J: Symptoms overlooked in hospitalized cancer patients: Impact of concurrent symptoms on overlooked by nurses. Palliat Support Care. 2013 Mar 19:1-6
  5. Yamada T, Kotake Y, Nagata H, Takeda J: Atrial natriuretic peptide reduces hepatic ischemia–reperfusion injury in rabbits. J Anesth 2013
  6. Kotake Y, Ochiai R, Suzuki T, Ogawa S, Takagi S, Ozaki M, Nakatsuka I, Takeda J: Reversal with Sugammadex in the Absence of Monitoring did not Preclude Residual Neuromuscular Block. Anesth Analg. 117(2):345-351;2013
  7. Jungo Kato, Mariko Kato Hayashi, Shinnosuke Aizu, Yoshinori Yukutake, Junzo Takeda, Masato Yasui: A general anesthetic propofol inhibits aquaporin-4 in the presence of Zn2+ . Biochem J 454(2):275-282,2013
  8. Makoto Ozaki • Junzo Takeda • Keiji Tanaka • Yasuhiro Shiokawa •Shinichi Nishi • Kenichi Matsuda • Matsuyuki Doi • Yasuyuki Kakihana •Yuji Fujino • Masanori Takinami • Misa Kawai: Safety and efficacy of dexmedetomidine for long-term sedation in critically ill patients. J Anesth 2013
  9. Miyazaki K, Abe Y, Iwanari H, Suzuki Y, Kikuchi T, Ito T, Kato J, Kusano-Arai O, Takahashi T, Nishiyama S, Ikehsima-Kataoka H, Tsuji S, Arimitsu T, Kato Y, Sakihama T, Toyama Y, Fujihara K, o Hamakubo T, Yasui M. Establishment of Monoclonal Antibodies Against the Extracellular Domain That Block Binding of NMO-IgG to AQP4. J Neuroimmunol 2013;260:107-116.
  10. 橋口さおり.「緩和ケアをまかせる」と言われたら-麻酔科医の欠点を補うひと工夫-.講座 日本臨床麻酔学会誌 33(4)556-62, 2013
  11. 橋口さおり.癌疼痛に対するオピオイドの使用法(PCA).外科 75(4) 356-9, 2013
  12. 橋口さおり.「緩和ケア」.ペインクリニック診断・治療ガイド 痛みからの解放とその応用 第5版.大瀬戸清茂監修.日本医事新法社 81-9 2013
  13. 森力哉、五十嵐達、森﨑浩:重症患者における腸管免疫機構の意義. 日本集中治療医学会雑誌 20;368-372, 2013.
  14. 小杉志都子、若泉謙太、長塚行雄、鈴木武志、橋口さおり、森﨑浩:術後遷延痛に関する最近の知見. 臨床麻酔 37:1029-35, 2013
  15. 五十嵐達、森力哉、井上敬、鈴木武志、森﨑浩:区域麻酔とがん免疫機構. 麻酔62:1097-1105, 2013
  16. 鈴木武志、中村教人、羽鳥英樹、山田高成、長田大雅、櫻井裕教、植松明美、寿原朋宏、進藤篤史、小柳津智子、荒木奈帆、簑島梨恵、阪本浩平、西村大輔、佐藤正顕、細井卓司、林浩正、吉野華菜、古本恭子、小杉志都子、印南靖志、香取信之、森崎浩: 人工呼吸管理において1日1回の鎮静薬の中断は必要か?. 臨床麻酔 37:675-9,2013
  17. 井上敬、五十嵐達、小杉志都子、鈴木武志、香取信之、森﨑浩:麻酔深度と患者長期予後~生体免疫機構との関連性. 日本臨床麻酔学会雑誌 掲載予定2013
  18. 武田純三: 日本でデスフルランが使用可能になったことの意義. LiSA。20(1):10-11、2013
  19. 武田純三: オピオイドリガンドのあらたな展開. 医学のあゆみ。245(6):532-533,2013
  20. 香取信之、武田純三: 2章術前使用薬剤の管理。2-2術前の抗凝固薬. 麻酔科医のための 循環管理の実際.横山正尚 編、中山書店、東京、2013年、21-30
  21. 武田純三: 総論/医療ガスの種類・用途と使用上の注意点. 高圧ガス。50(6):4-11,2013
  22. 森﨑浩、鈴木武志:酸塩基平衡障害. 「日本集中治療医学会専門医テキスト」 日本集中治療医学会編 東京 2013.2
  23. 森﨑浩、鈴木武志:ICUにおける疼痛管理.「新戦略に基づく周術期の疼痛管理」中山書店 東京 2013
  24. 森﨑浩:巻頭言「もっと和文論文を書こう!」 臨床麻酔 37:145, 2013
  25. 鈴木武志、中村教人、羽鳥英樹、他、森﨑浩:誌上抄読会「人工呼吸管理において1日1回の鎮静薬の中断は必要か?」臨床麻酔 37:675-680、2013
  26. 久保浩太、羽鳥英樹、寿原朋宏、山田高成、香取信之、山田達也、森﨑浩、武田純三:先天性アンチトロンビンIII欠損症患者の脊椎後方固定術に対して周術期抗凝固療法を施行した1症例. 麻酔 62:714-717, 2013
  27. 出野智史、山田達也、武田純三: 重度大動脈弁狭窄患者に対する腹臥位手術の麻酔経験. 麻酔. 62(6):721-723,2013
  28. 武田純三: 銷夏随筆:博物館を作ろう. 日本病院会雑誌. 60(7):707,2013
  29. 五十嵐達、森力哉、井上敬、鈴木武志、森﨑浩: 「区域麻酔とがん免疫機構」. 麻酔 2013年9月号, 1097-1105
  30. 香取信之:周術期における止血・凝固系モニタリング 周術期の止血凝固管理におけるPoint of Careモニター.日本臨床麻酔学会雑誌 33(2): 263-271, 2013.
  31. 佐藤 悠、坂口了太、印南靖志、香取信之、森崎 浩:左冠動脈肺動脈起始症の麻酔経験.麻酔62(10): 1191-1193, 2013.
  32. 福原悠介、渡辺航太、前田 潤、香取信之、戸山芳昭、松本守雄:Fontan手術後の脊柱側弯症に対し後方矯正固定術を施行した1例.臨床整形外科 48(6): 621-624, 2013.
  33. 阪本浩平、香取信之:検査データの読み方 凝固能検査だけで完全に診断することは困難,臨床症状との比較を必ず行う.LiSA 20(3): 228-233, 2013.

学会発表(海外)

  1. Mori K, Igarashi T, Inoue K, Suzuki T, Morisaki H, Takeda J. Lipocalin-2, derived from gut crypt cells, may regulate the microflora through Toll-like receptor pathway. 33rd International Symposium onIntensive Care and Emergency Medicine. March 10, 2013 Brussels
  2. Hashiguchi S, Shirahase J, Park S, Cyaen M, Tsuzaki K, Takeda J. Palliative care education for medical students: Analysis of an exercise on “Delivering bad news” 13th World Congress of the European Association for Palliative Care 2013 May. Prague
  3. Yoshi Misonoo, Soichiro Kimura, Chiaki Kajiwara, Keizo Yamaguchi, Kazuhiro Tateda, Hiroshi Morisaki, Junzo Takeda. Functional and Compensatory Roles of IL-17A and IL-17F in Mice Model of Legionella pneumonia. 53th International Conference of Antimicrobial Agents and Chemotherapy. September 11, 2013 (B-1061) Denver
  4. Chieko Miyata, Tetsuya Tsuji, Saori Hashiguchi, Meigen Liu. The role of a physiatrist (rehabilitation physician) in the palliative care team. The first international congress on whole person care. 2013 Oct. Montreal, Canada
  5. Shizuko Kosugi, Masairo Shiotani, Yasuhisa Otsuka, Yasushi Innami, Saori Hashiguchi, Hiroshi Morisaki. Long term outcome of percutaneous radiofrequency thermocoagulation of gasserian ganglion for 2nd and multiple division trigemi. American Society of Anesthesiologists annual meeting 2013 Oct. San Francisco, USA

学会発表(国内)

  1. 三輪桜子、長田大雅、荒木奈帆、増田義之、寿原朋宏、櫻井裕教、山田高成、森﨑浩、武田純三:呼吸理学療法に加え肺内パーカッションベンチレーターを用いて治療した重症肺炎3例. 第40回日本集中治療医学会学術集会 2013.2 松本
  2. 冨永浩史、平林則行、又吉徹、長田大雅、櫻井裕教、森﨑浩、扇野圭子、福永興壱:肥満低換気症候群患者におけるNPPV(iVAPS)の使用経験. 第40回日本集中治療医学会学術集会 2013.2 松本
  3. 武田純三:事故事例から学ぶ医療ガスの安全管理. 第40回日本集中治療医学会学術集会 2013年2月28日―3月2日 松本
  4. 御園生与志、木村聡一郎、梶原千晶、山口惠三、舘田一博、森﨑浩、武田純三:レジオネラ肺炎マウスモデルを用いたIL-17のin vitroおよびin vivoでの機能解析.  第87回日本感染症学会学術講演会 2013.6 東京
  5. 大西幸、津崎晃一、中村雅也、小杉志都子、武田純三、森崎浩:脊髄腫瘍術後慢性疼痛の周術期危険因子. 第60回日本麻酔科学会学術集会 2013.5 札幌
  6. 香取信之、林浩正、植松明美、神藤篤史、山田達也、森崎浩:小児心臓外科患者における全血液凝固検査トロンボエラストメトリーとフィブリノゲン値の検討. 第60回日本麻酔科学会学術集会 2013.5 札幌
  7. 荒木奈帆、若泉謙太、福田陽子、橋口さおり、津崎晃一、森崎浩:術前オピオイド使用患者における術後オピオイド必要量の検討.  第60回日本麻酔科学会学術集会 2013.5 札幌
  8. 星野麗子、阪本浩平、重城聡、印南靖志、山田高成、森崎浩:分娩時鎮痛施行前後の一回心拍出量比較. 第60回日本麻酔科学会学術集会 2013.5 札幌
  9. 五十嵐達、井上敬、増田祐也、壽原朋宏、南嶋しづか、森崎浩:硬膜外麻酔は内毒素血症ラットにおいて血清リポカリン2濃度を増強する.  第60回日本麻酔科学会学術集会 2013.5 札幌
  10. 羽鳥英樹、簑島梨恵、中村教人、大森泰、川久保博文、森崎浩:内視鏡的咽喉頭手術(ELPS)における麻酔管理.  第60回日本麻酔科学会学術集会 2013.5 札幌
  11. 月山 淑、橋口さおり、服部政治.緩和ケアチームへのアンケート結果報告.日本麻酔科学会第60回学術集会 2013 5月 札幌
  12. 竹内真理、福田陽子、安達昌子、宮田知恵子、朴 順禮、金子 健、木村理恵子、坂田昌美、白波瀬丈一郎、橋口さおり、武田純三: 当院における緩和ケア普及活動 ~ホームページでの取り組み~. 第18回日本緩和医療学会学術大会 2013年6月21日-22日 横浜
  13. 橋口さおり.専門医制度概要.専門医フォーラム 第18回日本緩和医療学会学術集会 2013年6月21〜22日 横浜
  14. 橋口さおり.オピオイドを使いこなす~レスキュー再考~.ランチョンセミナー 第18回日本緩和医療学会学術集会 2013年6月21日〜22日 横浜
  15. 宮田知恵子、辻 哲也、石川愛子、田沼 明、補永 薫、橋口さおり、里宇明元.cFAS(Cancer Function Assessment Set) を用いたがん患者の身体機能およびリハビリ介入効果関連因子の検証.第18回日本緩和医療学会学術集会 2013年6月21日〜22日 横浜
  16. 橋口さおり.がん患者の在宅医療の現況-東京都区西部における調査から-.基調講演.がんプロフェッショナル基盤推進プラン「高度がん医療開発を先導する専門家の養成」薬学分野別委員会・在宅分野別委員会共同企画シンポジウム 2013 7月 東京
  17. 簑島梨恵、星野麗子、福田陽子、小杉志都子、津崎晃一、森崎浩:特発性側彎症の術後鎮痛におけるケタミンの有用性. 日本ペインクリニック学会 2013.7 大宮
  18. 橋口さおり.Acute pain service から緩和ケアチームへ―多チーム協働による早期からの緩和ケア―.日本臨床腫瘍学会/日本緩和医療学会/日本サイコオンコロジー学会合同シンポジウム.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 2013 8月 仙台
  19. 中森裕毅、上田真己、西村大輔、村瀬玲子、中村教人、森崎浩:急激な口腔内下顎骨腫瘍の増大に対して全身麻酔化に緊急気管切開術を行った小児の一例. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第53回合同学術集会 2013.9 東京
  20. 瀬上和貴、小柳津智子、鈴木武志、若泉謙太、佐々木綾、森崎浩:術前に未診断であったカテコラミン分泌型グロムス腫瘍の麻酔経験. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第53回合同学術集会 2013.9 東京
  21. 菅家裕子、針間日出美、簑島梨恵。櫻井裕教、長田大雅、森崎浩:スガマデクス投与後に再度ロクロニウムによる筋弛緩作用が出現した症例. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第53回合同学術集会 2013.9 東京
  22. 橋口さおり.術後疼痛緩和におけるPatient controlled analgesia(PCA:患者自己調節鎮痛)の意義.シンポジウム16 術後疼痛緩和への薬剤師の積極的関与―周術期チームの一員として手術部門と病棟における薬剤師の役割を探る―.第23回日本医療薬学会年会 2013年 9月 仙台
  23. 御園生与志、長田大雅、寿原朋宏、櫻井裕教、山田高成、森崎浩、武田純三:子宮頚癌術後のStreptococcus pyogenesによるDouglas窩膿瘍の1例. 第62回日本感染症学会東日本地方会 2013.10 東京
  24. 宮田知恵子、辻 哲也、石川愛子、田沼明、橋口さおり、里宇明元.がん患者における血清ナトリウム値と身体機能との関連性の検討.第51回日本癌治療学会学術総会 2013 10月 京都
  25. 香取信之:リフレッシャーコース「周術期の血液凝固系の変化と凝固系検査」東京麻酔専門医会 2013
  26. 香取信之:リフレッシャーコース「血液凝固・線溶系検査とその解釈」第60回日本麻酔科学会学術集会 2013.5.札幌
  27. 香取信之:PBLD「周術期における出血凝固検査を使いこなすために」第60回 日本麻酔科学会学術集会 2013.5.札幌
  28. 香取信之:シンポジウム「術中大量出血に伴う凝固異常・止血能の評価」第61回 日本輸血・細胞治療学会 2013
  29. 宮田 茂樹、大北 裕、碓氷章彦、志水秀行、佐々木啓明、西脇公俊、香取信之、大西佳彦、前田平生、松下 正、紀野修一、亀井政孝、嘉田晃子、高橋佳苗、高松純樹、川村知織、瀬口 周、角谷勇実、河合 健、上田裕一:シンポジウム「大量出血における止血重視の輸血療法 大量出血の増悪を招く急性凝固障害に対する最適輸血療法の検討」第61回 日本輸血・細胞治療学会 2013

↑PAGE TOP

慶應義塾大学医学部 麻酔学教室(直通)TEL : 03-5363-3107(内線61608)