業績 2014年度

論文(原著、著書等)

英文

  1. Shimizu H, Mori A, Yoshitake A, Yamada T, Morisaki H, Okano H, Yozu H. Thoracic and thoracoabdominal aortic repair under regional spinal cord hypothermia. Eur J Cardio-Thorac Surg 46:40-43, 2014.
  2. Osaka Y, Onimaru H, Kashiwagi M, Morisaki H, Takeda J. The ventilator situmulant doxapram affects medullary respiratory neurons in brainstem-spinal cord preparations from newborn rats. Anaesthesia 69:468-475, 2014.
  3. Yabe H, Saito K, Uno K, Kno T, Morisaki H, Ogawa K. Harmonius team approach for safe airway management – The Keio University experience. Otolaryngology 4;1000156, 2014.
  4. Innami Y, Katori N, Mori K, Kosugi S, Suzuki T, Sakurai H, Nagata H, Takeda J, Morisaki H. Increased prothrombotic property as a risk factor of acute kidney injury after surgical repair of abdominal aortic aneurysm: a prospective observational study. Journal of Intensive Care 2014, 2:46
  5. Suzuki T, Kurazumi T, Toyonaga S, Masuda Y, Morita Y, Masuda J,Kosugi S, Katori N, Morisaki H. Evaluation of noninvasive positive pressure ventilation from moderate positive end-expiratory pressure level in patients undergoing cardiovascular surgery: a prospective observational study. Journal of Intensive Care 2014; 2:5.
  6. Kato J, Takai Y, Hayashi MK, Kato Y, Tanaka M, Sohma Y, Abe Y, Yasui M. Expression and localization of aquaporin-4 in sensory ganglia. Biochem Biophys Res Commun. 2014;451(4):562-7.
  7. Kosugi S, Shiotani M, Otsuka Y, Suzuki T, Katori N, Hashiguchi S, Morisaki H. Long-term outcomes of percutaneous radiofrequency thermocoagulation for Gasserian ganglion against 2nd and multiple division trigeminal neuralgia. Pain Practice 15:223-8, 2015.
  8. Igarashi T, Suzuki T, Mori K, Inoue K, Seki H, Yamada T, Kosugi S, Minamishima S, Katori N, Sano F, Abe T, Morisaki H. Effects of epidural anesthesia on growth of Eschrichia Coli at psudo-surgical site - Roles of lipocalin-2 pathway. Anesthesia and Analgesia (2015 in press)
  9. Kosugi S, Hashiguchi S, Nishimura D, Seki H, Suzuki T, Katori N, Morisaki H. Neurolysis targeting both the aorticorenal ganglia and lumbar sympathetic plexus for kidney tumor related pain. Pain Medicine 16:202-3, 2015
  10. Ideno S, Hatori E, Takeda J, Morisaki H. Anesthetic management of a patient with Hermansky Pudlak syndrome undergoing video-assisted bullectomy. Journal of Clinical Anesthesia 27:243-6, 2015.

邦文

  1. 森﨑浩、鈴木武志:ICUにおける疼痛管理.「新戦略に基づく麻酔・周術期医学~麻酔科医のための周術期の疼痛管理」中山書店 東京 2014; p 248-256.
  2. 中村教人、森﨑浩:術後鎮静「麻酔科研修ノート 改訂第2版」診断と治療社 東京 2014:p440-443.
  3. 南嶋しづか、森﨑浩、武田純三:特集「ターニングポイントを迎えた肺高血圧症の治療戦略」NO吸入療法. Mebio 31:74-79, 2014.
  4. 小杉志都子、森﨑浩:術後鎮痛のこれから~IVPCAを安全かつ効果的に使用するために. 日本臨床麻酔学会雑誌34:178-183, 2014.
  5. 鈴木武志、森﨑浩:食道癌手術~高侵襲手術の麻酔と周術期管理(術後集中治療). 麻酔63:498-505, 2014.
  6. 石川紗希、山田達也、坂口了太、羽鳥英樹、森﨑浩:もやもや病患者における僧帽弁形成術の麻酔経験. 麻酔 63:342-345, 2014.
  7. 冨永拓、羽鳥英樹、武田純三、森﨑浩:新生児期における先天性嚢胞性腺腫様奇形(CCAM)根治術の麻酔管理. 麻酔 2014;63:101-4.
  8. 小栁津智子、菊池亜矢、簑島梨恵、長田大雅、櫻井裕教、鈴木武志、香取信之、森﨑浩:C1インヒビター欠損患者に対する人工膝関節置換術の麻酔経験. 麻酔63:820-822, 2014.
  9. 井上敬, 五十嵐達, 小杉志都子, 鈴木武志, 香取信之, 森﨑浩:総説 麻酔深度と患者長期予後 : 生体免疫機構との関連性 日本臨床麻酔学会誌 34(1) 66-74, 2014
  10. 武田純三、岩崎寛、山蔭道明、尾崎眞、川真田美和子、畑埜義雄、萬家俊博、宮川博司、上村裕一:スガマデクスナトリウム(MK-8616,Org 25969)の筋弛緩拮抗作用 浅い筋弛緩状態からの回復 麻酔. 63(10):1075-1082,2014.
  11. 武田純三、岩崎寛、小田切徹太郎、加藤孝澄、新宮興、尾原秀史、中塚秀輝、富山芳信、笠羽 敏治:スガマデクスナトリウム(MK-8616,Org 25969)の筋弛緩拮抗作用 深い筋弛緩状態からの回復 麻酔. 63(10):1083-1088,2014.
  12. 森﨑浩、鈴木武志:輸液・輸血、水・電解質 -基礎-.「日本集中治療医学会専門医テキスト」日本集中治療医学会編 東京 2014.
  13. 倉住拓弥、鈴木武志、森田慶久、増田純一:成人三心房心を合併した僧帽弁閉鎖不全症患者の緊急手術において術中経食道心エコー検査による診断が有用であった1症例.麻酔 63: 333-7, 2014.
  14. 福田陽子、橋口さおり:「持続静脈麻酔法」.静脈麻酔.稲垣喜三編.克誠堂出版.337-44, 2014.
  15. 小杉志都子、橋口さおり:「患者自己調節鎮痛用(IV-PCA)」静脈麻酔.稲垣喜三編.克誠堂出版.345-57,2014.
  16. 橋口さおり:2章「オピオイド関連用語」6章「がん性痛に対するオピオイド治療」.21世紀のオピオイド治療.井関雅子、橋口さおり監訳.メディカルサイエンスインターナショナル.2014.
  17. 橋口さおり:緩和ケア-動向とこれからの方向性-.慶應義塾大学生命倫理セミナー4.慶應義塾大学医学部医学教育統括センター編.慶應義塾大学出版株式会社.91-116. 2015.
  18. 安達昌子、塚田唯子、近藤咲子、朝倉敬子、松木絵里、川越正平、橋口さおり、野中博、武田純三、岡本真一郎.血液疾患患者の在宅療養についてのアンケート調査.臨床血液 55(11)2262-70 2014.
  19. 橋口さおり:オピオイド使用患者における周術期疼痛管理.講座 臨床麻酔 38(5) 775-9,2014.
  20. 橋口さおり:学会専門医制度:日本緩和医療学会専門医制度.LiSA別冊 21 20-5,2014.
  21. 橋口さおり:麻酔科医の緩和医療における役割.LiSA 21(11)1074-76 2014.
  22. 森﨑浩(監修):「麻酔科学文献レビュー 2015-2016」 秀潤社 東京 2015.3.
  23. 森﨑浩:抗凝固・抗血小板薬服用患者の麻酔管理. 血液凝固、抗凝固、線溶系が分かる本.改訂第2版 武田純三編集. 真興交易 2015;p199-205.
  24. 遠藤由理佳、細井卓司、小松崎崇、香取信之、森﨑浩:Total cavopulmonary connection (TCPC) 術後に脊椎側彎症の手術を行った3症例. 日本臨床麻酔学会誌 35;305-310, 2015.
  25. 壽原朋宏:局所麻酔による身体的変化と合併症.オペナーシング. 2014; 29: 1010-1021.
  26. 井上敬:特集 麻酔科医の判断・決断・診断を知る 「違い」がわかる!術前~術後の麻酔 とことんレクチャー ③気管挿管時 オペナーシング 30(2) 35-39, 2015.
  27. 宮澤典子、出野智史 :臨床ワークブック 小児の分離肺換気. Anesthesia Network 19 : 22-7, 2015.
  28. 倉住拓弥、鈴木武志、出野智史、佐久間貴裕、永渕万理、佐藤智行、忍田純哉:左室緻密化障害患者の緊急消化管手術の麻酔管理 麻酔 2015;64(2):174-179.
  29. 針馬日出美、鈴木武志、長田大雅、森﨑浩:Neurally adjusted ventilatory assist(NAVA)が呼吸器離脱に有効であった喘息重積発作患者の一症例.日集中医誌 22: 55-6, 2015.

学会発表(海外)

  1. Igarashi T, Inoue K, Kosugi S, Suzuki T, Katori N, Morisaki H. Thoracic epidural anesthesia diminishes the risk of surgical site infection through the up-regulation of lipocalin-2 in LPS-treated rats. European Society of Anesthesiologists 2014 June 1 Stockholm
  2. Ando K, Urakami K, Kusuhara M, Tamai S, Yamaguchi K, Morisaki H. Oxidative stress contributes to isoflurane-induced apoptosis in the PC12 neuronal cell line. European Society of Anesthesiologists 2014 June 2 Stockholm.
  3. Wakaizumi K, Yamashita A, Hamada Y, Ikegami D, Kawabe R, Kondo T, Nagatsuka Y, Narita M, Morisaki H, Narita M. Aerobic exercise relieves chronic pain and increases the microRNA 200b/429 expressions in nucleus accubens neurons. International Association for the Study of Pain (IASP) 2014 October Buenosiles
  4. Inoue K, Igarashi T, Suzuki T, Seki H, Minamishima S, Kosugi S, Katori N, Morisaki H. Deep depth of sevoflurane anesthesia worsens the prognosis of endotoxmic rats. (A3016) Annual meeting of American Society of Anesthesiologists, 2014 October 13, New Orleans.
  5. Nishimura D, Kosugi S, Ihara N, Onishi Y, Hashiguchi S, Morisaki H. The association of preoperative psychological stress with postsurgical chronic pain in patients undergoing partial mastectomy. (A3077) Annual meeting of American Society of Anesthesiologists, 2014 October 13, New Orleans.
  6. Katori N, Sato M, Ai K, Morisaki H. Modified ultrafiltration in pediatric cardiac surgery does not always improve whole blood coagulation. (A3238) Annual meeting of American Society of Anesthesiologists, 2014 October 13, New Orleans.
  7. Suzuki T, Inoue K, Igarashi T, Minamishima S, Katori N, Morisaki H. Beta-blocker therapy preserves the number of normal spleen T-lymphocute which is reduced in proportion to the severity in septic model. (A1097) Annual meeting of American Society of Anesthesiologists, 2014 October 11, New Orleans.
  8. Minoshima R, Kosugi S, Ihara N, Nishimura D, Minamishima S, Morisaki H. Intra- and postoperative continuous infusion of small dose ketamine decreases morphine requirement after adolescent idiopathic scoliosis surgery. (A1297) Annual meeting of American Society of Anesthesiologists, 2014 October 11, New Orleans.
  9. Katori N, Ai K, Komatsuzaki T, Sato M, Morisaki H. Hemodynamic changes induced by continuous cuirass negative pressure in patients with Fontan circulation. Annual Meeting of International Anesthesia Reseacrh Society 2015 March 23, Honolulu
  10. Ishikawa S, Katori N, Wakamiya R, Ideno S, Sakurai H, Ueda T, Suzuki T, Morisaki H. Perioperative management of a patient with severe pulmonary hypertension due to congenital absence of the portal vein. Annual Meeting of International Anesthesia Reseacrh Society 2015 March 23, Honolulu
  11. Kakinuma Y, Katori N, Sato M, Komatsuzaki T, Ai K, Morisaki H. Change in regional Hemodynamic changes induced by continuous cuirass negative pressure in patients with Fontan circulation. Annual Meeting of International Anesthesia Reseacrh Society 2015 March 23, Honolulu
  12. Wakaizumi K, Ihara N, Fukuda Y, Hashiguchi S, Morisaki H. Retrospective observational study of postoperative opioid consumption inchronic opioid-consuming patients: The new approach of postoperative pain control. Annual Meeting of International Anesthesia Reseacrh Society 2015 March 23, Honolulu

学会発表(国内)

  1. 壽原朋宏, 奥田淳, 小柳津智子, 鈴木由貴, 若泉謙太, 福田陽子, 長田大雅, 森﨑浩: 術中輸血によって発症した輸血関連急性肺傷害(Transfusion Related Acute Lung Injury; TRALI)の一症例. 第41回日本集中治療医学会学術集会. 2014/2/28. 京都
  2. 森﨑浩:リフレッシャー「硬膜外麻酔の潜在力」日本区域麻酔学会第1回学術集会. 2014.4.25 岡山
  3. 五十嵐達、井上敬、鈴木武志、小杉志都子、香取信之、森﨑浩:硬膜外麻酔と手術創部か感染―好中球分泌蛋白リポカリン2発現を介する機序への効果. 日本区域麻酔学会第1回学術集会 2014.4.25 岡山 (優秀演題)
  4. 勅使河原綾野、小松崎崇、三輪桜子、櫻井裕教、香取信之、森﨑浩:内視鏡的咽喉頭手術(ELPS)における麻酔リスクの検討. 日本麻酔科学会第61回学術集会 2014.5.14 横浜
  5. 森﨑浩:特定集中治療管理料の層別化. シンポジウム総務委員会企画:麻酔科の保険診療報酬を考える2014. 日本麻酔科学会第61回学術集会 2014.5.15 横浜
  6. 森﨑浩:招請講演B05「敗血症と輸液療法」日本麻酔科学会第61回学術集会 2014.5.15 横浜
  7. 倉住拓弥、鈴木武志、櫻井裕教、増田孝広、奥田淳、森﨑浩:揮発性麻酔薬が全身麻酔後の覚醒時興奮に与える影響. 日本麻酔科学会第61回学術集会 2014.5.15 横浜
  8. 若泉謙太、山下哲、長塚行雄、森﨑浩、仙波恵美子、成田年:坐骨神経結紮マウスにおける有酸素運動の鎮痛効果. 日本麻酔科学会第61回学術集会 2014.5.15 横浜
  9. 坂口了太、針馬日出美、関博志、上田朝美、香取信之、森﨑浩:マウス急性肺障害モデルにおけるIL-10の発現および産生細胞の検討. 日本麻酔科学会第61回学術集会 2014.5.15 横浜
    (最優秀演題)
  10. 五十嵐達、井上敬、南嶋しづか、鈴木武志、小杉志都子、森﨑浩:硬膜外麻酔は内毒素血症ラットにおいてリポカイン2発現を増強し、手術部位感染リスクを減少させる.  日本麻酔科学会第61回学術集会 2014.5.15 横浜 (優秀演題)
  11. 西村大輔、増田孝広、小杉志都子、大西幸、橋口さおり、森﨑浩:乳房部分切除後遷延痛に対する術前心理的要因およびストレスホルモンの影響.  日本麻酔科学会第61回学術集会 2014.5.15 横浜 (優秀演題)
  12. 井上敬、五十嵐達、鈴木武志、南嶋しづか、森﨑浩:ラット侵襲モデルにおいて深い吸入麻酔は炎症性サイトカイン分泌を促進する. 日本麻酔科学会第61回学術集会 2014.5.16 横浜 (最優秀演題)
  13. 橋口さおり:日本緩和医療学会専門医制度.関連領域検討委員会:麻酔科医のペインクリニック、緩和医療への関わりと専門医制度.シンポジウム7 日本麻酔科学会第61回学術集会 2014.5 横浜
  14. 梶原千晶、御園生与志、木村聡一郎、館田一博:レジオネラ肺炎マウスモデルにおけるIL-17AとIL-17Fの機能的・代償的役割 第88回日本感染症学会学術講演会 2014.6 福岡
  15. 若泉謙太、山下哲、濱田祐介、川辺塁、近藤貴茂、池上大悟、成田道子、長塚行雄、森﨑浩、仙波恵美子、成田年:適切な強度の有酸素運動が側坐核内でmicroRNAを発現させ、神経障害性疼痛を軽減する. 第36回日本疼痛学会 2014.6.20大阪
  16. 橋口さおり:がん診療連携拠点病院における緩和ケアの現状と課題.分科会2 日本ホスピス緩和ケア協会2014年度年次大会 2014.7 東京
  17. 瀬上和貴、西村大輔、荒木奈帆、羽鳥英樹、小杉志都子、橋口さおり、森﨑浩:術前プブレノルフィン貼付剤使用患者の周術期疼痛管理. 第48回日本ペインクリニック学会 2014.7.25新宿
  18. 御園生与志、伊東真吾、十河大悟、上田朝美、針馬日出美、倉住拓弥、山田高成、中村教人、鈴木武志、香取信之、森﨑浩:介護職員が術後に発症したESBL産生K.Ppneumoniae肺炎. 第23回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 2014.8.23 東京 (優秀演題)
  19. 伊東真吾、鈴木武志、十河大悟、御園生与志、上田朝美、中村教人、山田晋也、寿原朋宏、岩室賢治、香取信之、森﨑浩:生体肝移植後に輸血関連急性肺障害およびたこつぼ型心筋症を併発した一例. 第23回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 2014.8.23 東京
  20. 十河大悟、鈴木武志、伊東真吾、御園生与志、上田朝美、中村教人、奥田淳、櫻井裕教、印南靖志、香取信之、森﨑浩:帝王切開術後に意識障害、急性呼吸不全および急性腎障害を合併したHELLP症候群の一例. 第23回日本集中治療医学会関東甲信越地方会 2014.8.23 東京
  21. 柿沼勇太、出野智史、福田陽子、高木美沙、櫻井裕教、森﨑浩:漏斗胸手術(Nuss法)中の体位が原因で生じたと考えられる両上肢麻痺の一例. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第54回学術集会. 2014.8.30 東京
  22. 生駒祐介、十河大悟、佐藤正顕、田中千香子、南嶋しづか、森﨑浩:胎児先天性横隔膜ヘルニア、母体重症筋無力症合併妊娠に対する帝王切開術の麻酔経験.日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第54回学術集会. 2014.8.30 東京
  23. 戸谷遼、関博志、小松崎崇、奥田淳、香取信之、森﨑浩:局所麻酔およびデクスメデトミジンによる鎮静を用いて経カテーテル大動脈弁置換術を施行した2症例. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第54回学術集会. 2014.8.30 東京
  24. 藤田治人、山田高成、上田真己、村瀬玲子、佐藤悠、森﨑浩:抗インスリン抗体陽性 2 型糖尿病患者の肝切除術において血糖管理困難となった症例.日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第54回学術集会. 2014.8.30 東京
  25. 石川 紗希、宮澤 典子 超音波ガイド下胸部傍脊椎神経ブロック ~小児開放腎生検での術後鎮痛効果の検討を中心に~ 日本小児麻酔学会学術集会第20回大会 2014.9 札幌
  26. 神藤篤史、出野智史、宮澤典子、松岡拓、山本信一:出生前診断から出生直後のECMO導入まで、周産期のチーム医療における麻酔科医の役割. 日本小児麻酔学会第20回大会 2014.9 札幌
  27. 佐藤正顕、藍公明、小松崎崇、香取信之、森﨑浩:術前診断が困難であった左上大静脈遺残を伴わない完全型unroofed coronary sinusの2症例. 日本心臓血管麻酔学会第19回学術大会 2014.9.21 大阪
  28. 小松崎崇、佐藤正顕、藍公明、香取信之、森﨑浩:経カテーテル大動脈弁留置術において右室梗塞、仮性瘤および心膜内血腫を生じた一例. 日本心臓血管麻酔学会第19回学術大会 2014.9.21 大阪
  29. 橋口さおり:東京都区西部緩和ケア推進事業からみえてきたこと.東京都緩和医療研究会第2回学術集会 パネルディスカッション「東京都における緩和ケア連携の現状と課題」2014.10 東京
  30. 金子健、髙松登、伊東俊雅、東加奈子、木村理恵子、橋口さおり、山口雅也、岡本真一郎:東京都区西部(新宿区、中野区、杉並区)の保険薬局にける緩和ケア連携推進のための現状調査.第8回日本緩和医療薬学会年会 2014.10 愛媛
  31. 橋口さおり、西村大輔、伊原奈帆、森﨑浩:術後鎮痛における末梢神経ブロックとオピオイド持続静注の比較. シンポジウム「術後鎮痛における末梢神経ブロックの役割」 日本臨床麻酔学会第34回大会 2014.11.3 東京
  32. 志馬伸朗、森﨑浩、遠藤重厚、大塚将秀、坂元哲也、下村陽子、土井松幸、山本剛:新設された特定集中治療室管理料1及び2に関する実態調査報告. 社会保険対策委員会報告 第42回日本集中治療医学会学術集会 2015.2 東京
  33. 鈴木武志、井上敬、五十嵐達、南嶋しづか、出野智史、佐藤悠、櫻井裕教、山田高成、小杉志都子、森﨑浩:敗血症においてカテコラミンがリンパ球細胞死に与える影響. 第42回日本集中治療医学会学術集会 2015.2 東京.
  34. 奥田淳、鈴木武志、十河大悟、伊東真吾、御園生予志、上田朝美、中村教人、印南靖志、香取信之、森﨑浩:当院における重度敗血症に対するトロンボモジュリン投与の現状. 第42回日本集中治療医学会学術集会 2015.2 東京.
  35. 小松崎崇、平畑枝里子、若宮里恵、佐藤正顕、御園生与志、上田朝美、藍公明、鈴木武志、香取信之、森﨑浩:当院における経カテーテル大動脈弁留置術後の集中治療室の利用状況. 第42回日本集中治療医学会学術集会 2015.2 東京
  36. 河原賢治、鈴木武志、岡本陽子、田山聡子、神尾弘美、杉浦なおみ、矢坂泰介、長田大雅、森﨑浩、北潔:ICU入室患者の廃用性筋委縮の部位別特異性と下肢筋群に重点をおいた急性期リハビリテーションの効果. 第42回日本集中治療医学会学術集会 2015.2 東京

↑PAGE TOP

慶應義塾大学医学部 麻酔学教室(直通)TEL : 03-5363-3107(内線61608)