業績 2018年度

論文(原著、著書等)

著書 (邦文)

  1. 森崎浩:標準麻酔科学「第7版」(古屋仁監修:稲田英一・森崎浩・西脇公俊編集) 第23章 集中治療. P311-323 医学書院 東京2018
  2. 森崎浩:今日の治療指針2018年版.「麻酔事故」 P75 医学書院 東京猪狩賢三、関博志、鈴木信也、野村嘉奈子、佐藤真人、林誠一: 薬剤師の手術室常駐による経済的効果と麻酔科医の業務負担軽減について. 麻酔.67: 1344-1346, 2018
  3. 鈴木武志、森崎浩:術後鎮静. 麻酔科研修ノート改訂第3版 稲田英一編集 診断と治療社 2018 東京 P473-475
  4. 森﨑浩、鈴木武志:妊産婦 適切なICU管理. 「日本集中治療医学会専門医テキスト第3版」日本集中治療医学会編 東京 2019.2

原著論文(英文)

  1. Yamada T, Vacas S, Gricourt Y, Cannesson M. Improving perioperative outcomes through minimally invasive and noninvasive hemodynamic monitoring techniques. Frontiers in Medicine 2018 May 17; 5: 144.
  2. Yamada T, Suzuki T, Murase R, Nagata H, Kosugi S. Anaphylactic reactions to native and light-exposed sugammadex suggested by basophil activation test: A report of 2 cases. Anesthesia & Analgesia Practice 2018 Oct 1;11(7):181-183.
  3. Kurazumi T, Ogawa Y, Morisaki H, Iwasaki K. The effect of mild decrement in plasma volume simulating short-duration spaceflight on intracranial pressuret. npj Microgravity 4;19, 2018.
  4. Yamada T, Nagata H, Kosugi S, Suzuki T, Morisaki H, Kotake Y. Interaction between anesthetic conditioning and ischemic preconditioning on metabolic function after hepatic ischemia-reperfusion in rabbits. J Anesth. 2018 Aug;32(4):599-607.
  5. Wakamiya R, Seki H, Ideno S, Ihara N, Minoshima R, Satoh Y, Watanabe K, Morisaki H. Effects of prophylactic dexamethasone on postoperative nausea and vomiting in scoliosis correction surgery: a double-blind, randomized, placebo-controlled clinical trial. Scientific Reports 2019;9:2119.
  6. Kamo T, Tasaka S, Suzuki T, Asakura T, Suzuki S, Yagi K, Namkoong H, Ishii M, Morisaki H, Betsuyaku T. Prognostic values of the Berlin definition criteria, blood lactate level, and fibroproliferative changes on high-resolution computed tomography in ARDS patients. BMC Pulmonary Medicine 2019 Feb 11;19(1):37.
  7. Suzuki T, Suzuki Y, Okuda J, Minoshima R, Misonoo Y, Ueda T, Kato J, Nagata H, Yamada T, Morisaki H. Cardiac output and stroke volume variation measured by the pulse wave transit time method: a comparison with an arterial pressure-based cardiac output system. J Clin Monit Comput. 2019 Jun; 33(3): 385-392.

原著論文(邦文)

  1. 伊原奈帆、小杉志都子、若泉謙太、福田陽子、西村大輔、山田高成、橋口さおり、森崎浩:オピオイド使用患者の術前オピオイド使用量に応じた術後痛管理の有効性と安全性についての検討―前向き観察研究. 麻酔67:350-355, 2018

総説(英文)

  1. Morisaki H. Towards the second stage – Journal of Intensive Care. 6:13, 2018
  2. Seki H, Ideno S, Ishihara T, Watanabe K, Matsumoto M, Morisaki H. Postoperative pain management in patients undergoing posterior spinal fusion for adolescent idiopathic scoliosis: a narrative review. Scoliosis and Spinal Disorders 2018;13:17.
  3. Kobayashi M, Suhara T, Baba Y, Kawasaki NK, Higa JK, Matsui T. Pathological Roles of Iron in Cardiovascular Disease. Curr Drug Targets. 2018; 19(9):1068-1076. DOI: 10.2174/1389450119666180605112235.

総説 (邦文)

  1. 伊原奈帆:がん患者の痛みの管理.耳喉頭頸 90: 564-571, 2018.

その他(邦文)

  1. 小杉志都子 井上敬 増田祐也 奥田淳 藤田治人 鈴木悠太 五十嵐達 西村大輔
    【特集】種類の違いを説明できる?整形外科ナースに役立つはじめての麻酔看護“できたかな?”テストで、カンペキ理解
    整形外科看護2018; 23巻7号
  2. 加藤純悟、森崎浩:質疑応答「急性大動脈解離の麻酔のstrategyについて」 臨床麻酔42;895-896, 2018.
  3. 森崎浩:書評「書評《救急・集中治療アドバンスシリーズ》~最新のエビデンスを基に重症患者診療の要点を簡潔に解説~」中山書店2018.7
  4. 山田高成 伊原奈帆 安藤嘉門 中村教人 増田祐也 中塚逸央 藤田治人
    【ベーシック特集】サッと気づける! モニタリング博士が教える 異常時どうなる?どうする? おもしろ講座 オペナーシング 2018; 33巻1号 Page 6-55
  5. 山田高成 伊原奈帆 井上 敬 鈴木悠太 藤田治人 奥田 淳
    【ベーシック特集】特徴・使い分け・投与のタイミングをイメージ! 術中に使う薬剤 らくらく♪イラスト図鑑
    【レベルアップ特集】どうしてやめる? 続ける? 影響度はどれくらい? 術前の中止&継続薬・サプリメント 12 ファイル
    オペナーシング 2018; 33巻8号 Page 749-783, 803-815

学会発表、講演

講演 (国内)

  1. 加藤純悟 MAC-TAVIの実際と今後, 第28回JBPOT講習会, 2018年7月22日, 大阪(ランチョンセミナー)

一般演題 (国際)

  1. Wakaizumi K, Jabakhanji R, Ihara N, Kosugi S, Terasawa Y, Morisaki H, Ogaki M, Baliki MN. Time discounting in our brain and modification of chronic pain. Annual meeting of OHBM, June 17-21, 2018 Singapore
  2. Ideno S, Kiyohara H, Matsui H, Sasou N, Seki H, Morisaki H. Japanese multi-herbal medicine, Hochuekkito, protects cyclophosphamide-induced neutropenic mice from Streptococcus pneumoniae lung infection by inducing various antimicrobial proteins. Euroanesthesia 2018 Copenhagen June 2, 2018
  3. Seki H, Ideno S, Kato J, Wakamiya R, Minoshima R, Morisaki H. Factors affecting postoperative analgesic requirements in patients undergoing laparoscopic surgery for benign gynecological disease. Euroanesthesia 2018 Copenhagen June 2, 2018
  4. Okamoto T, Seki H, Ideno S, Minoshima R, Yamagata B, Morisaki H. Sevoflurane improved seizure quality in a treat-resitant depression patient undergoing electroconvulsive therapy. Euroanesthesia 2018 Copenhagen June 2, 2018
  5. Kato J, Minoshima R, Ihara N, Nishimura D, Kosugi S, Morisaki H. Utilization of Dynamic Weight Bearing system in the evaluation of surgery-induced pain-like behaviors in mice. 18th World Congress of IASP. 2018 September
  6. Wakaizumi K, Jabakhanji R, Ihara N, Kosugi S, Terasawa Y, Morisaki H, Ogaki M, Baliki M. Altered functional connectivity underlying time discounting in chronic pain. Society for Neuroscience . Nov 2018. San Diego, USA.

国内発表

  1. 増田清夏、増田祐也、五十嵐達、小杉志都子、森崎浩:経鎖骨下動脈アプローチTAVIに対してPECS/浅神経叢ブロックを施行し鎮静主体の麻酔管理を行った症例. 日本区域麻酔学会第5回学術集会 大阪 2018.4.13
  2. 五十嵐達、関博志、戸谷遼、山本裕子、高木美沙、森﨑浩:デスフルラン麻酔時の新鮮ガス流量とコストの関係. 第65回日本麻酔科学会年次学術集会 横浜 2018.5.17
  3. 伊原奈帆、南嶋しづか、井上敬、五十嵐達、鈴木武志、森﨑浩:プロリン水酸化酵素(PHD)阻害剤はキヌレニン経路の活性化を介してエンドトキシンショックを軽減する. 第65回日本麻酔科学会年次学術集会 横浜 2018.5.17(優秀演題)
  4. 伊原奈帆、小杉志都子、若泉謙太、西村大輔、橋口さおり、森﨑浩:慢性頸肩腕痛患者における恐怖回避思考が安静時脳機能的結合に及ぼす影響についてー患者対象比較試験. 第65回日本麻酔科学会年次学術集会 横浜 2018.5.17(最優秀演題)
  5. 若宮里恵、関博志、出野智史、伊原奈帆、簑島梨恵、森崎浩:デキサメタゾンの予防投与は思春期特発性側彎症に対する脊椎後方矯正固定術後の悪心嘔吐を軽減させるー前向き無作為二重盲検比較対照試験.  第65回日本麻酔科学会年次学術集会 横浜 2018.5.17(優秀演題)
  6. 増田祐也、佐藤正顕、増田清夏、村瀬玲子、加藤純悟、森崎浩:TAVI手術に対して末梢神経ブロック(腸骨鼠径神経ブロック、PECS・浅頚神経叢ブロック)を施行し鎮静主体の管理を行った2症例.  第65回日本麻酔科学会年次学術集会 横浜 2018.5.17
  7. 出野智史、清原寛章、松井英則、笹生香耶子、関博志、森崎浩:肺炎球菌下気道感染マウスモデルにおける補中益気湯の予防的感染制御効果の解明.  第65回日本麻酔科学会年次学術集会 横浜 2018.5.17(最優秀演題)
  8. 河手森彦、増田裕也、伊原奈帆、上田朝美、橋口さおり、森崎浩:重症肺高血圧症を合併した回盲部腫瘍患者に対して、開腹回盲部切除術の麻酔管理を行った1例. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第58回合同学術集会 2018.9.1 新宿
  9. 山谷直大、壽原朋宏、西村大輔、山田高成、小杉志都子、森崎浩:上大静脈内浸潤を伴う胸腺癌の根治術において、術中経食道心エコーが静脈内腫瘍進展の評価と体外循環移行の判断に有用であった一症例. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第58回合同学術集会 2018.9.1 新宿
  10. 小宮光喜、鈴木悠太、星野麗子、井上敬、鈴木武志、森崎浩:高齢患者の褐色細胞腫に対する腹腔鏡下腫瘍摘出術の麻酔経験. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第58回合同学術集会 2018.9.1 新宿
  11. 森田雄斗、奥田淳、佐々木綾、加藤純悟、長田大雅、森崎浩:気腫性肺線維症患者に対する腹部大動脈ステントグラフト内挿術の麻酔経験. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第58回合同学術集会 2018.9.1 新宿
  12. 関谷由李、簑島梨恵、五十嵐達、村瀬玲子、南嶋しづか、森﨑浩:気管切開孔からのMicrocuff気管チューブ留置により術中の腹臥位呼吸管理を行ったCHARGE症候群の一例 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第58回合同学術集会 2018.9.1 新宿
  13. 戸谷遼、加藤純悟、鈴木悠太、奥田淳、井上敬、森崎浩:TAVI術後の中長期的な経過中に開心術を要した2症例. 日本心臓血管麻酔学会第23回学術大会. 2018.9.15新宿
  14. 出野智史、笹生香耶子、田中遙友、松井英則、丸山弘子、永井隆之、関博志、花輪壽彦、小田口浩、森崎浩、清原寛章:肺炎球菌下気道感染マウスモデルにおける補中益気湯の予防的感染制御効果の解明. 第35回和漢医薬学会学術集会 岐阜 2018.9.
  15. 鈴木悠太、戸谷遼、奥田淳、井上敬、加藤純悟、森崎浩:胸部下行大動脈瘤破裂対してステントグラフト内挿術及び人工血管置換術の二期的手術を施行した1症例. 日本心臓血管麻酔学会第23回学術大会 2018.9.14 新宿
  16. 戸谷遼、加藤純悟、鈴木悠太、奥田淳、井上敬、森崎浩:TAVI術後の中長期的な経過中に開心術を要した2症例. 日本心臓血管麻酔学会第23回学術大会 2018.9.14 新宿
  17. 奥田淳、戸谷遼、藤田治人、鈴木悠太、井上敬、加藤純悟、森崎浩:TF-TAVIにおける鎮静と局所麻酔での麻酔管理から術中全身麻酔に移行した3症例の検討. 日本心臓血管麻酔学会第23回学術大会 2018.9.15 新宿
  18. 簑島梨恵、鈴木武志、柿沼勇太、鈴木悠太、奥田淳、上田朝美、長田大雅、山田高成、森崎浩:心臓血管外科術後患者におけるデクスメデトミジンのせん妄抑制効果の検討. 日本集中治療医学会第46回学術集会 2019.3.1 京都
  19. 渋沢崇行、清水千華子、上野浩一、鈴木武志、森崎浩、佐々木淳一:意識なし呼吸なしで起動するRapid response systemの特徴. 日本集中治療医学会第46回学術集会 2019.3.2 京都
  20. 畠山龍人、越川翠、富永浩史、平林則行、上田朝美、鈴木悠太、簑島梨恵、長田大雅、鈴木武志、森崎浩:集中治療室移転時の臨床工学室と医療機器の関わり. 日本集中治療医学会第46回学術集会 2019.3.3 京都
  21. 板橋裕史、山﨑真敬、加藤純悟、森崎浩、福田恵一、志水秀行:3D経食道心エコーを中心に結束する僧帽弁形成術チーム:外科、内科、麻酔科による術前術後strategy meetingの効果.シンポジウム「ハートチームで考える弁形成術の挑戦」 第83会日本循環器学会学術集会 2019.3.30 横浜

ページ先頭へ