学会・研究会

日本臨床麻酔学会 第36回大会(2016年11月3~5日)


柴田琴子先生

高知県にて行われた本大会では、後期研修医1年目の柴田先生が発表を行いました。

関東甲信越・東京支部 第56回学術集会 (2016年9月3日)

後期研修中の先生方を中心に発表をしました。
準備そして本番、多くのことを吸収して、立派に発表をしてきました。


荒井香菜先生

高橋純子先生

久保直子先生

日本麻酔科学会第63回学術集会 (2016年 5/26~5/28)

大学院2年 倉住 拓弥:
 演題 「低頭位傾斜と高二酸化炭素血症が脳循環調節に与える影響の実験的検討」
    (日本大学医学部衛生学との共同研究)
助教 伊原 奈帆:
 演題 「プロリン水酸化酵素阻害剤はマウスのLPS誘発性敗血症性心筋症を軽減する」

が優秀演題に選ばれました。慶應義塾大学からは合計5つの演題を発表しました。

関東甲信越・東京支部第54回学術集会(2014年 8月30日)

今年入局した先生方が中心に発表しました。
初めての、学会発表でしたが立派に発表を終えました。

日本麻酔学会第61回学術集会(2014年 5/15~5/17)

慶應義塾大学から7つの演題を発表しました。7題中4題が優秀演題として選ばれ、そのうち「ラット侵襲モデルにおいて深い吸入麻酔は炎症性サイトカイン分泌を促進する」を発表した井上 敬先生、「マウス急性肺障害モデルにおけるIL-10の発現および産生細胞の検討」を発表した坂口 了太先生は最優秀演題に選ばれました!

日本区域麻酔科学会第1回学術集会(2014年 4/25~4/26)

「硬膜外麻酔と手術創感染:好中球分泌蛋白リポカイン2発現を介する機序への効果」が優秀演題に選ばれ、五十嵐 達先生が発表しました。

↑PAGE TOP

慶應義塾大学医学部 麻酔学教室(直通)TEL : 03-5363-3107(内線61608)