新入局員の声

平成28年度 新入局者の声

2016年4月に入局した4人の先生方に、2か月経ってどのように感じているかを教えてもらいました。

高橋 純子
私は初期研修で麻酔に興味を持ち、学生時代には全く考えもしていなかった麻酔科への道を決めました。他大学出身で研修病院も異なる病院でしたので慶應病院には知り合いも少なく、共通の話題を持たない中でうまくやっていけるか不安でした。麻酔科の選択自体も医局の選択も将来がみえない冒険のように思っていました。
しかし、慶應大学病院の先生方は優しく素敵な方々ばかりで、日々楽しく手術麻酔に取り組んでいます。そして、臨床にも研究にも熱心な尊敬できる先生方との出会いが沢山あり、様々な将来像を描きながら向上心の絶えない毎日を過ごしています。当医局に入局してよかったと強く実感しています。
慶應大学病院では大学病院ならではの管理の難しい症例や特殊麻酔を多く経験できます。自ら考え、実践する繰り返しが貴重な財産になるのを日々感じています。

高岡 早紀
私は慶應義塾大学病院での初期研修中に麻酔科を回りましたが、研修を通して麻酔科の魅力にどんどん引き込まれ、入局を決意しました。現在は関連市中病院で後期研修の一年目を過ごしています。他の同期とは異なる環境でのスタートとなりましたが、先生方にあたたかく迎え入れて頂き、楽しい研修生活を送っています。市中病院では大学病院と比べて、より一般的な症例を数多く経験できることが大きな魅力だと感じます。また同時に産科や小児外科、呼吸器外科、心臓外科等の特殊な麻酔や緊急手術も経験できるよう配慮して頂いており、とても充実しています。
麻酔科は大学卒業時の志望科とは異なりますが、後期研修が始まってからは麻酔科を選んで良かったと実感する毎日です。

柴田 琴子
私は大阪の市中病院で初期研修を終え、本年度慶應義塾大学医学部麻酔学教室に入局しました。
最初は初めての東京生活、他大学の医局に不安を覚えていました。しかし、先生方は優しく大変指導熱心で、楽しい同期にも恵まれ不安は1週間で吹き飛びました。小児や肝移植など市中病院では経験する機会が少ない症例にも触れることができ、後期研修のスタートに大学病院を選んでよかったと思います。また子育てをしながら臨床、研究に励むロールモデルとなる女性の先生が多いことも自分の将来を考える上で大変参考になります。

荒井 香菜
私は現在、0歳の息子を育てながら、麻酔科専修医として日々勉強させて頂いています。 入局前は、麻酔科医としてもママとしても1年生で慣れないことばかりで、育児と仕事の両立がうまくできるのかすごく不安でした。
しかし、いざ入局してみるとそんな不安はすぐになくなりました。保育園のお迎えなど、たくさんご迷惑をおかけしてしまっていますが、周りの先生方が快く協力して下さり、充実した研修を送ることができています。
慶應義塾大学麻酔学教室にはたくさんの先輩ママさん麻酔科医がいます。麻酔に関する知識や技術に関する疑問はもちろん、子育てやその両立についての悩みもすぐに相談できる先輩がいることはとても心強いです。
女性医師であれば多くの方が直面するであろう、医師としてのキャリアと子育ての問題、それを支えてくれる環境が麻酔学教室には整っています。お子さんがいらっしゃる方もこれからママになる方も、少しでも興味をもって頂けたら嬉しいです。

少しでも麻酔科に興味をお持ちの方、是非見学にいらして当医局の魅力を実感しませんか?

見学希望の方は、こちらの登録フォームをご利用ください。

↑PAGE TOP

慶應義塾大学医学部 麻酔学教室(直通)TEL : 03-5363-3107(内線61608)